28. 8月 2017 · あん摩マッサージ指圧師の求人 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 健康, 未分類 · Tags: , , ,

あん摩マッサージ指圧師の求人も多く見られる最近ですが、高齢化やストレス社会で必要とされる職業だと思います。
https://www.hasegawa-fc-job.com/keirow/
人を治癒する能力があるかないかが大きく関わってきますので、誰にでもできる仕事ではないと思われます。日本の整体の基礎を築いたとされる方の本を読んだことがありますが、その本によるとこうした身体への働きかけというのは、治してやろうと思うのではなく、その身体が自ら治す力を信じることだというようなことが書いてあったと記憶しています。これはシンプルながらも本当に難しいことではないでしょうか。私たちは日頃から何らかの不調を感じた時に、薬を飲んで症状を一方的に抑えたりサプリメントを飲んでさらに力を高めようとしますが、それは身体からの信号に耳をすませることをせず、自ずと治ろうとする力を奪っているともいえるのかもしれません。
日本の伝統芸能にはそうした目にみえない「声」や「気」などを通して表現する文化が根強いと思われます。歌舞伎などもそのひとつでしょう。

More »

02. 2月 2017 · 多焦点眼内レンズって? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 健康, 未分類 · Tags: , , ,

多焦点眼内レンズって聞いたことありますか? 白内障の治療をご存知の方なら知っているかもしれません。このレンズは文字の通りで目の焦点が遠くにも近くにも合うレンズのことだそうです。単焦点眼内レンズに比べて費用はかかるようなのですが、老眼鏡などが必要なくなるということで今人気なのだそうです。
さて、これから確定申告の時期ですが、医療費控除がというのがあります。医療費控除というのは、1年間の医療費が10万円を超えた時に申告できるのですが、条件が合えばジムや温泉などの利用にかかったお金も医療費として含めることができるそうです。医師による診断書と利用する施設の条件が満たしているかが重要ですが、最近はジムなどに通っている高齢者も多いことから、美容や健康維持のほかにも治療という目的がある場合で利用されている方も多いのでしょう。
しかし、高齢社会の日本では2025年になると医療や介護を必要とする人が爆発的に増え、社会保障の財政の問題からいっても深刻な状況にあることは間違いありません。このような世の中では、これまでに増して一人ひとりが健康を維持しようとする意識や、弱者に対する思いやりの精神が必要になると考えられます。

More »

02. 9月 2016 · 白内障は手術が必要です はコメントを受け付けていません。 · Categories: 健康, 未分類 · Tags: , ,

白内障は今のところ手術以外では治す方法以外はありません。http://www.cataract-iol.jp/
白内障の進行を遅らせる目薬は眼科でも処方されるようですが、一度濁って見えにくくなってしまった水晶体を戻すことは目薬ではできないそうです。しかし現在、治療もできる目薬というのが研究されているみたいで、いずれは手術しなくても白内障を完治させられるような目薬もできるかもしれないですね。また、白内障が治るといわれている目薬が今は別の国で使われていたとしても、まだ日本では認可されていないのが現状です。目薬は眼科医の処方のもと、信用性の高いものを使ってください。
最近のニュースで知りましたが、白内障の治療と称して効き目のないドリンクを提供したという事件が発覚しました。高齢者を狙った詐欺もますます巧妙になり、今後も様々な方面で増えていくのかもしれないと思うと不安なことです。こうした被害にあわないためにも都合がいいだけの情報を鵜呑みにしない癖をつけておくのは必要でしょう。

さて、歌舞伎のプチ情報ですが、歌舞伎のグッズが買える専門店が東京駅にあるのをご存知ですか。今月の半ばから、歌舞伎とおそ松さんキャラのコラボグッズが発売されるそうです。おそ松は仔獅子、カラ松は花川戸助六…といったように、歌舞伎ファンもアニメファンも楽しめる商品のようですね。

More »

06. 5月 2013 · 老眼のトレーニング はコメントを受け付けていません。 · Categories: 医療, 未分類 · Tags: , , ,

近視治療が当たり前になってきたこの頃ですが、老眼の治療も発達しているみたいですね。老眼といえば昔は誰しもがなることで仕方のない老化現象の一つでしたが、視力の善し悪しは快適な生活を送るためにとても重要です。極度の近視や老眼防止のトレーニングというのもあるそうで、やはりそういう日頃の努力も効果的な対策なのでしょうね。眼の病気に関しては円錐角膜や白内障、飛蚊症と様々なのでこれから少しずつ調べてみようと思っています。 週末は横浜まで出かけて新しい眼鏡を作ってこようと思ってます。先週末は大きな台風が上陸して大変だったので今週はよい天気だといいのですが。皆さんも楽しい秋を過ごしてください。

More »

08. 4月 2013 · 歌舞伎という呼び名の由来 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 未分類 · Tags:

日本古来の舞台演劇「歌舞伎」は、重要無形文化財の指定がされており、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている世界から認められる日本屈指の伝統芸能です。この「歌舞伎」という呼び名の由来は、「傾く(かぶく)」という動詞からきています。「傾く」は「かたむく」という字を書く通り、「斜に構える」という意味合いに近い「普通じゃない」という意味を持ちます。これが転じて「並外れた」「常軌を逸する」という意味ももった言葉となります。歌舞伎が成立する安土桃山時代の流行の最先端は、奇抜な服装や髪形をし、世間の流れに逆らって我が道を行くようなスタイルだったようです。そんな奇抜な服装や髪形をした若者たちを見た世間の人々は「かぶいているねぇ」とつぶやいていたといいます。いつしか流行を行く彼らの呼び名自体も「傾くもの」から「かぶきもの」へと転じ、定着していきます。世間体を気にせず自己流のスタイルで威風堂々と闊歩する「かぶきもの」は、当時の人々から見れば異端児であるとともに、最高に恰好をつけた粋な存在でもあったのです。このかぶきものたちの派手な服装はのちの舞台衣装に引き継がれていきます。歌舞伎はこのかぶきものたちを演目として演じたことから始まります。