人々の前で演目を演じ、舞う「歌舞伎」の形が生まれたのは1603年の安土桃山時代、出雲の巫女さんであった「出雲阿国(いずものおくに)」から始まったといわれています。

出雲阿国は北野天満宮で、世の中で話題の「かぶきもの」を真似て男装をし、かぶきものが茶屋遊びを興じている様子を演じたと言われています。

この斬新な踊りは「かぶき踊り」と呼ばれ、当時としてはセンセーショナルな作品は瞬く間に広がり、多くの模倣者たちが現れます。

遊郭の遊女が演じる遊女歌舞伎や、髷を結う前の少年が演じる若衆歌舞伎なども広く親しまれていきます。

現在の歌舞伎では男性のみで演目を演じられますが、成立当初は女性が演じることは珍しくなかったのですね。

これらの演劇は江戸時代に入るまで行われていましたが、1629年に遊郭での演舞は風紀を乱すという理由で禁止され、若衆たちの演舞も売色目的のものが目立つようになり1652年には禁止されています。

この時江戸町奉行所からは同時に「物真似狂言づくし」を義務付けられました。

現在の男役も女役も男性が演ずる形に落ち着いたのはこの頃のことで、同時に史実や物語などを題材にした狂言という現在の形に近いものが生まれ、それは江戸時代の中で洗練されていき、現在の伝統芸能の形に昇華していきます。

Comments closed.